ブログとSNSの違い

ブログの特徴

ブログは日記型のwebサイトの一種です。アメーバブログやFC2ブログなど無料のブログがたくさんあり、簡単にスタートできるのが特徴です。

更新が簡単♪

ブログの特徴は「簡単に更新できること」です。

「WebをLogする」という意味で「Weblog(ウェブログ)」と名付けられ、それが略されて「Blog(ブログ)」と呼ばれるようになりました。

日記のように日付がつく

ブログは日記のような形式のものが多く、投稿した記事には日付がついて、日付の順番に表示されます。

記事はカテゴリーやタグでグループ分けすることができます。

コメント機能

ブログは記事ごとにコメント欄を設置することができます。コメントによってユーザーと交流したり、意見を聞いたりすることができます。

RSS機能

ホームページになくてブログにある大きな特徴が「RSS」です。「アールエスエス」と読み「Rich Site Summary」の略語です。

RSSとは、ブログの更新情報を配信するシステムです。ユーザーが登録することでブログの更新情報を知らせることができますし、RSSを配信することで新しい記事をGoogleなどのサーチエンジンにいち早く登録させることができます。

SNSの特徴

SNSとは、日記やメッセージを通して人との交流を作ることができるWebサービスの一種です。「エスエヌエス」と読み、「Social Network Service」略語です。

日本で有名なSNSはfacebook・twitter・Instagramなどがあります。

交流を重視した機能が豊富

SNSは、記事や写真を通して人と交流しやすいサービスになっています。いいね!をつけたり、シェアしたり、コメントをつけたり。ネット上で気軽に人と交流できるのが特徴です。

多くの人に見てもらえる

ブログの場合、記事を書いてもすぐには人に見てもらえませんか、SNSの場合は記事を書けばすぐに友達に見てもらえます。入り口が「検索」ではなく「つながり」なので、友達が増えれば、それだけ多くの人に記事や写真を見てもらうことができます。

ブログとSNSの違い

ブログとSNSは、どちらも日記型でコメント機能もあり、似ているところの多いサービスです。

ブログは分類/SNSは今ここ

ブログはカテゴリーや年月で分類して記事を残してきます。過去の記事もよく読まれ、長文も歓迎されます。

一方SNSは、過去の記事はあまり読まれず、長文よりもシンプルな記事が好まれます。じっくり書き込んだ記事よりもリアルタイムな体温を感じる投稿に向いています。

ブログは検索流入/SNSはつながり

ブログはGoogleなどの検索結果を入り口に訪れるユーザーが多いです。検索してきたということは、ユーザーの目的がはっきりしているため、お店への注文やサロンへの予約など新規の顧客につながりやすい傾向があります。

一方SNSに投稿した記事は、Googleなどの検索結果には表示されないものが多いです。SNSはつながりやシェアから訪れるユーザーが多く、ファンやリピーターなど既存の顧客に情報を届けることができます。