facebookの基本設定(プライバシーショートカットの利用)

プライバシーの基本設定

facebookは実名で登録している分、プロフィールの情報や、投稿した写真などの公開範囲をとても細かく設定することができます。

以前は設定方法がわかりにくい所もあったのですが、2012年に改善され「プライバシーショートカット」という便利な機能がつきました。

プライバシーショートカットを使えば、基本的なプライバシー設定は完了するので安心してfacebookを使うことができます。

プライバシーショートカット(パソコン版)

プライバシーショートカット(パソコン版)

プライバシーショートカット(スマホ版)

プライバシーショートカット(スマホ版)

1.投稿の公開範囲の設定

あなたが投稿した近況や写真などを公開する範囲を設定することができます。

facebookの投稿の公開範囲

公開

インターネット上のすべての人に公開します。facebookを利用していない人でも見ることができます。

友達

facebookでつながっている、あなたの友人のみ見ることができます。

自分のみ

自分だけが見ることができる非公開の投稿になります。

カスタム設定

カステム設定では、名前を指定して、特定の友人だけに公開したり、特定の人にだけ非公開にしたりすることができます。

設定が完了したら「次のステップ」をクリックします。

2.アプリの公開範囲の設定

facebookと連携しているアプリが利用する情報の公開範囲です。

アプリは楽しくて便利ですが、facebookに登録したプロフィールや写真などの情報を使用するものがほとんどです。

facebookを安全に使うためには、必要以上の情報公開はせず、使わなくなったアプリはここから削除するようにしましょう。

はじめは連携しているアプリもないと思いますが、設定が完了したら「次のステップ」をクリックします。

3.プロフィールの公開範囲の設定

生年月日や出身地などのプロフィール情報の公開範囲です。

公開する情報が多いほど知り合いとつながる可能性は広がりますが、とてもプライバシーな内容なので、公開範囲には注意しましょう。

公開範囲の項目は投稿の設定とほとんど同じですが、プロフィールは「友達の友達まで公開」という設定ができます。

設定が完了したら「完了」をクリックします。

投稿毎に公開範囲を設定できる

ここで変更した内容は、今後の投稿の公開範囲として設定されますが、投稿毎にいつでも変更することできます。

投稿時に公開範囲を変更すると、次回以降の投稿にも継続されるので注意が必要です。

facebookに投稿する内容は、プライベートな情報を含んでいることも多いので、投稿のときには公開範囲を気にするクセをつけておくといいでしょう。