自分だけのURL・ドメインを取得する

自分のURLを設定する

URLとは「Uniform Resource Locator」の略称で、インターネット上のデータの場所を示す住所(アドレス)のようなものです。

ホームページの場合は「http://www.freelife.jp/」のような形になり、電話番号と同じように、そのURLは世界に1つだけのものになります。

ブログやSNSのように独自ドメイン(後述)を設定できないサービスでも、URLに自分の好きな文字列を設定できることが多く、自分だけのURLを作成することができます。

ドメインを取得する

ドメイン(domain)とは、インターネット上の住所です。

「○○.com」、「○○.net」、「○○.jp」のように表されます。

○○には好きな文字を入れることができるため、「独自ドメイン」とも呼ばれます。

同じ名前のドメインは作れないため、ドメインの取得は早い者勝ちになります。

ドメインの使い方(URLとメール)

ドメインの主な使い方は、ホームページやブログのURLと、メールアドレスです。

URL

このサイトのトップページのURLは「http://www.freelife.jp/」ですが、「freelife.jp」というドメインを取得して使っています。

「www」の部分をサブドメインといい、ドメインを取得すれば、それに付随するサブドメイン、例えば「blog.freelife.jp」や「shop.freelife.jp」なども作ることができます。

メールアドレス

ドメインを取得すれば、そのドメイン名を使ったメールアドレスも作ることができます。

「○○@freelife.jp」のように、○○の部分は好きな英数字を入れることができます。

サブドメインとメールアドレスは基本的には無数に作ることができますが、レンタルサーバー会社やそのプランによって作成数に制限があることもあります。