まとめを書いてお金を稼げる!国内サイト2選

まとめで稼ぐ方法

昔はインターネットでお金を稼ぐといえば、アフィリエイトやオークションが主流でしたが、今は大手のまとめサイトにまとめ記事を書くだけでお金を稼ぐことができます。

まとめでお金をもらえる仕組み

まとめサイトには大きく分けて2種類あります。

「2chまとめ」のようにサイトの管理人が自分で記事のまとめを作っているタイプと、
「NAVERまとめ」のように管理人はサイトを運営しているだけで、まとめは世界中のユーザーが作っているタイプです。

どちらのサイトも、サイトに貼られた広告が主な収入源ですが、後者のようにユーザーにまとめ記事を作ってもらうタイプのサイトの場合、まとめを作ったユーザーにインセンティブ(報奨金)を与えている場合があります。

インセンティブの金額は、主に書いたまとめが見られた回数(ページビュー)をもとに算出されるので、おもしろくて、みんなの注目をあびるようなまとめ記事を書くことができればかなりの金額を稼ぐことができます。

はじめはブログよりも簡単に稼げる

自分のブログに記事を書いても、はじめは誰にもみてもらえず、アフィリエイト広告を貼ってもすぐには稼ぐことができません。

一方、NAVERまとめのようなサイトは元々人気があるため、まとめ記事を書けばそれなりのユーザーに見てもらえます。SNSとも連携しているため、まとめが面白ければTwitterなどで拡散してどんどんページビューが上がっていきます。

NAVERまとめで稼いでいる人の話を見てみると、月に10万円程度の収入なら、ブログを書くより、まとめサイトに書く方が簡単に稼げるようです。

NAVERまとめ

NAVERまとめとは、LINEでも有名なLINE株式会社が運営しているまとめサイトです。Google検索やはてぶランキングなどでも上位に上がってくるまとめが多いので、目にしたことはあるのではないでしょうか。

NAVERまとめインセンティブポイント付与の対象

まとめを作成した人全員。

NAVERまとめインセンティブポイントの計算方法

まとめページの内容、複数のアクセス数値や係数を元に、独自のインセンティブポイントを計算。毎日『見込ポイント』が付与されます。

見込ポイントとは

毎日1回、翌日夕方に付与される速報値(参考値)。
確定時に大きく数値が変動する可能性があります。

確定ポイントとは

未検知のロボットアクセスや不正アクセスをクリーニングして再集計した値。
毎月1回、翌々月上旬(10日頃)に付与されます。

NAVERまとめの支払い可能金額

3,000円以上。

NAVERまとめインセンティブの受け取り方

楽天銀行の「メルマネマスペイメント」サービスを利用して、毎月末に支払。
確定金額より手数料を引いた金額が振込金額となります。

有効期間

2年間。

ブクペ

ブクペとは株式会社ブクペが運営する、本のまとめに特化したまとめサイトです。

本の書評を書かれたサイトはよくありましたが、1冊の本のエッセンスをまとめたサイトは初めてだったのではないでしょうか。
まとめた本のリンクがAmazonのアフィリエイトになっていて、本が売れた収益と、その他の掲載広告の収益が、ユーザーに還元されます。

ブクペまとめインセンティブ付与の対象

まとめを作成した人全員。

ブクペまとめの広告収益の分配方法

分析ツールの閲覧回数、まとめ総数、記事あたりの文字数など独自の計算方法をもとに計算

ブクペまとめインセンティブ(暫定金額)の更新頻度

週に1回、主に金曜日に更新予定

暫定金額とは

暫定金額とは、インセンティブ報酬の速報金額です。
金額が最終確定する前の未確定情報です(毎週更新)。
月に一度確定すると、暫定金額は確定金額に切り替わります。

確定金額とは

確定金額とは、実際に分配されることが確定したインセンティブ報酬額です(月1回更新)。
月に一度、確定金額が決まるタイミングで同期間の暫定金額は確定金額に切り替わります。

出金可能金額

確定金額が2,000円以上。

ブクペまとめインセンティブの受け取り方

楽天銀行の「かんたん振込(メルマネ)」。
確定金額より手数料を引いた金額が振込金額となります。

有効期間

インセンティブ確定額が発生した日の属する月の末日からの2年間。

まとめ

まとめサイトは、初心者でも記事をまとめやすいように、よくできた編集画面を用意しています。いずれ自分のブログを持ちたい人も、記事の編集の練習としてまとめサイトを利用するのもおすすめです。