帯解寺に行ったけど「腹帯」はアカチャンホンポで購入♪

帯解寺の腹帯

安産祈願で有名な、奈良の帯解寺(おびとけでら)に行ってきました。ちーちゃんもそろそろお腹が出てきたし帯解寺も車で15分くらいで行ける地元。
せっかくなので、「両家の親も連れてお参り→お母さんに腹帯を買ってもらう→みんなでランチ♪」という素敵な半日コースをプランニング。

結果的には、帯解寺のシステムで腹帯は買えず、アカチャンホンポで腹帯を買ったという一日でした。

腹帯と戌の日と帯解寺の関係

妊婦さんはお腹が大きくなってくる妊娠5ヶ月めくらいから、お腹を支える腹帯を巻きます。昔はさらしを巻いていたそうですが、最近は腹巻タイプのものや、ガードルタイプのものまで便利でおしゃれな腹帯がたくさんあります。

日本の暦には「戌の日(いぬのひ)」という日があります。
犬は赤ちゃんをたくさん産む上に、お産も軽いということで、安産の守り神として愛されてきました。

そこで、妊娠5ヶ月目の戌の日に、安産祈願に行って腹帯を巻き始めるという古くからの風習があるのです。
帯解寺は、“帯”が”解ける”という名前に由来するように、安産祈願の腹帯で有名なお寺です。ご祈祷をして腹帯を買って帰ったり、妊婦さんへの贈り物として帯解寺のお守りと腹帯を贈ったりします。

帯解寺へのアクセスと駐車場

帯解寺

帯解寺の付近は道がせまく、大きな車だったり、運転に慣れていないと少し大変です。この日は戌の日と日曜日が重なっていたこともあり、4つほどある駐車場がどこもいっぱいでした。

それを見越してガードマンもいっぱいいてくれてるんだけど…「空きが出るまでその辺をグルグルしてもらってる他ないですね~」と、どうしようもないお返事(笑)

結果的に一往復して、たまたま空いた駐車場に停めることができました(ホッ)
ぼく達が行った10時くらいが一番混んでいたのかもしれません。帯解寺のご祈祷はグループでまとめて行われるので、ご祈祷が終わったタイミングでみんな帰ります。ガードマンさんが言うようにグルグル回って、あとはタイミングを信じましょう!

電車で行くなら「JR帯解駅」から徒歩5分。JR桜井線で奈良駅から2駅です。
電車の本数が少ないので注意しましょう。

帯解寺の腹帯は、祈祷をしないと買えない!!

さて、今回一番言いたいポイントですが、実は帯解寺の腹帯は祈祷(1万円)をしないと買えません!
よく見るとホームページに書いてるんだけど。。。

帯解寺の腹帯

前日にちーちゃんと話し合って「まぁ祈祷はしなくていいかな~」となってました。
お参りして、御朱印もらって、腹帯を買って満足だと思っていたんです。

お寺に着くと何種類かの腹帯が飾ってあります。値札が付いていたので、どれがいいかな~なんて盛り上がっていると、
お寺のスタッフさんから衝撃の一言が…

「腹帯は、ご祈祷をしないと買っていただけないんですよ」

えっ!?
この値札付いてるのはちがうの???

「ご祈祷代1万円+腹帯の値段になるんです」

…完全に調査不足。
お母さん、ごめんなさい。

帯解寺の腹帯は祈祷しないと買えません!
みなさんは注意してくださいね!
(あ、みんな祈祷するものなのかな?)

そして、アカチャンホンポへ

けど、そのへんはクールなファミリーなので、
「じゃあアカチャンホンポで買って帰ろうか」と早々に退散しました(笑)

御朱印はもらえたのでよかったです^^
お札やお守りは、すでにお祝いでもらっていたので、お参りして写真撮って御朱印買って帰りました。
最後に鐘楼を突くと、思ったより大きな音が響き渡り、注目を浴びてしまいました(汗
おどろかしてしまってゴメンナサイ。

ちなみにアカチャンホンポにもたくさんの腹帯があって、
タオル生地の気持ち良さそうな腹帯を買って帰りました。

これかな?
 犬印本舗 ふんわり腹帯&サポートベルト[HB8114A]

↑楽天市場で発見!

腹帯2つと、大きめのマタニティブラジャーを買って帰りました♪

帯解寺参拝のポイント

体験してわかった帯解寺参拝のポイントは…

■腹帯は祈祷しないと買わせてもらえない!
■3本30円の線香は、立てたそばから折られて片付けられるけど、気にしない!
■安産祈願の祈祷の時間は、毎日8:30~16:30(予約不可)
■祈祷料金は、祈祷・お守り・お札を合わせて1万円
■腹帯代は別途必要。2,000~5,800円で、さらし・ガードル。コルセットタイプが有る
■帯解寺の腹帯は少し高め!そこは仏の力もあるので価値観のちがいで良し悪しは言えない
■戌の日の休日は注意!駐車場がいっぱい。付近に有料駐車場や路駐スポットはない
■小さいお寺なので、ご祈祷しない場合は30分くらいで参拝は終わる。ランチの予約をするときは時間に注意!

以上です。
詳しくは帯解寺公式ホームページで確認してくださいね!