楽天Pay

楽天Payのアプリで楽天キャッシュを優先的に使えるようになりました

楽天で貯めて使える電子マネーには「楽天キャッシュ」と「楽天スーパーポイント」の2種類がありますが、楽天キャッシュが使いにくくて困っていました。

しかし、2017年8月に新登場した楽天Payのアプリを利用することで、ローソンなどで楽天キャッシュが使えるようになりました!

楽天キャッシュの扱いに困っている人にとって、街なかで楽天キャッシュが使える楽天Payは救世主になります。

楽天Payを利用して、楽天キャッシュを効率的に使う方法を紹介したいと思います。

楽天キャッシュとは?

楽天キャッシュとは、楽天で貯めて使える電子マネーのひとつです。

楽天の電子マネーには「楽天キャッシュ」と「楽天スーパーポイント」の2種類あり、それぞれ楽天市場でお買い物をしたときや、楽天のクレジットカードでお支払をしたとき、楽天アフィリエイトの報酬などで貯めることができます。

楽天キャッシュと楽天スーパーポイントのちがい

楽天キャッシュは現金に近い

楽天キャッシュは、キャッシュつまり現金に近い電子マネーです。

楽天市場で1ポイント=1円で使えることはもちろん、家族や友人に贈ったり、換金することもできます。

ただ、換金の条件はとてもきびしく、現実的には楽天市場でしか使えません。

楽天スーパーポイントと比べると使いにくいため使えるところで優先的に使いたい電子マネーです。

楽天スーパーポイントは使える幅が広い

楽天スーパーポイントは、楽天市場はもちろん、実店舗のマクドナルドやミスタードーナツなでも使うことができる便利なポイントです。

基本的に貯めるときは100円で1ポイント、使う時は1ポイント=1円で使えるので、幅広く貯めて使うことができます。

さらに!
楽天スーパーポイントは楽天Edyに変換できるのが大きな特徴です。
(楽天キャッシュはこれができません)

楽天Edyに変換すれば「スーパー・薬局・コンビニ」など、街なかで使えるお店が一気に増えるので、効率的にポイントを使うことができます。

楽天スーパーポイントを楽天Edyに変換して使う場合は楽天Edy付の楽天カードが便利です。

楽天ポイントの効率的なため方

楽天のポイントが貯まるのは、現金・クレジットカード・電子マネーで支払いをした時だけです。

支払いにポイントを使った時はポイント利用分の楽天ポイントは貯まらないので注意が必要です。

なので、ポイント還元率の高い楽天市場でお買い物をするときはポイントは使わずクレジットカードで支払うのがおすすめです。

そしてお買い物などで貯めたポイントを、ポイント還元率の低い街なかのコンビニやスーパーなどで使うと、楽天ポイントを効率的にためることができます。

使いにくい楽天キャッシュが貯まっていく

キャンペーンなどで獲得した楽天キャッシュは、実質、楽天市場のお買い物の時しか使いみちがないため、扱いに困ります。

楽天アフィリエイトの報酬も、3000円を超えた分は楽天キャッシュで支払われるという謎の仕様のため、使いにくい楽天キャッシュがどんどん貯まっていきます。
(楽天アフィリエイト報酬が5000円だった場合、楽天スーパーポイント3000円分+楽天キャッシュ2000円分で支払われる)

楽天キャッシュを優先的に使う設定にしてはいますが、楽天市場でのお買い物はクレジットカード払いの方がポイントがつくし、できれば他のところで使いたいと思っていました。

楽天Payなら街なかで楽天キャッシュが使える!

楽天Payならローソンなどで楽天キャッシュが使えます!
しかも、Edyのように変換する必要もなく、そのまま使えます!

難点は現状で使えるお店がローソンくらいしかないところです><

ただ、ローソンの店員さんでも楽天Payを知らない人がいるようで、楽天Payでの支払いの時に戸惑われることがあります。。。

※レジでスマホを見せながら「楽天Payで」と言っても、楽天…あぁEdyね!と思って操作される店員さんが多いようです。そんな時は「楽天”ペイ”です。エディじゃなくて…」とゆっくりやさしく伝えるとわかってもらえやすいです。

楽天Payで楽天キャッシュを優先的に使う方法

もうひとつ残念なのは、楽天Payで「楽天キャッシュを優先的に使う」という設定ができないことです。

【追記】
→できるようになりました!
アプリの設定でキャッシュ優先に設定すればOKです。

まとめ

楽天キャッシュの使いみちが広がった楽天Payは素晴らしいサービスだと思います。最近はPayPayも登場しニュースになっていますね。どちらも使えるお店を増やして、もっと便利になってくれたら嬉しいです。