パソコンと女性

ホームページは自分で作るのがおすすめ!

ホームページづくりは制作会社に依頼することもできますが、個人のホームページをつくる時は自分でつくる方がおすすめです。

ホームページづくりは難しくありません。低コストで簡単に十分なクオリティのホームページをつくれるツールがあるからです。

それでは、自分でホームページをつくる理由とメリットを紹介しましょう。

デザインよりも中身が大切

個人の場合は、きれいでおしゃれなホームページよりも、オーナーの想いや人柄が感じられるホームページの方が信頼性が上がります。

制作会社に依頼するにしても、自分が何もわからない段階で丸投げしてしまうと、見た目はきれいだけどオーナーらしさが感じられないホームページになりやすいので注意しましょう。

もちろん、内容重視といっても最低限のクオリティは必要です。

ホームページビルダーでホームページをつくっていた頃はこの最低限をクリアするのが難しかったのですが、今は誰でもクオリティの高いホームページをつくれるツールがあります。

まずは自分でつくってみて、ホームページの仕組みを簡単にでも理解しておくだけで、その後のWeb活用に活かすことができます。

見つめる力と伝える力が磨かれる

ホームページは情報を整理して伝えるのに適したサイトなので、ホームページをつくりながら、自然にサービスの内容やコンセプトなどを整えることができます。

ホームページづくりは自分のできる事としたい事を明確にし、頭の中にあるイメージを具体的に表現していく作業です。

ホームページをつくりながら、自分を見つめる力人に伝える力を磨くことができます。

ホームページの内容は定期的に見なおして、自分の成長とともに更新していきましょう。

こまめな修正ができる

個人の仕事や活動の場合は、細かな内容変更がよくあるので、ホームページの内容も自分ですぐに修正できるようにしておく方がいいでしょう。

制作会社に依頼すると修正に時間がかかったり、修正のたびにコストがかかったり、細かな修正の依頼が手間になり、そのまま放置してしまうことになりがちです。

特に、教室やサロンを始めたたばかりの頃は、サービス内容や料金の見直しがよくあります。

神は細部に宿るといいます。
自分で納得いくまで作り上げることで、ホームページに愛着がわき信頼性にもつながります。

コストが10分の1以下になる

教室やサロンをはじめても、しばらくはお客さんが来ないこともありえるので、利益が安定するまでは大きなコストはかけない方が懸命です。

ホームページを制作会社に依頼すると、制作費に20〜30万円+管理費として1万円/月くらいが相場です。

自分でつくる場合、グーペアメーバオウンドなどのホームページ作成ツールを使えば、0~1,000円/月くらいのコストで十分なクオリティのホームページをつくることができます。

制作会社は、自作のホームページに満足できなくなってから使いましょう。

自分でホームページをつくった経験があると制作会社にも的確な依頼ができますし、必要なものと不要なものがわかるので予算をおさえることもできます。

次のステップでは、具体的にホームページやブログをつくる方法を紹介していきます。
ステップ2